fc2ブログ

re空へ~ひとときの

.25 2010 詩とphoto comment(2) trackback(0)
re空へ~ひとときの

ひとときの

空間を 待っている

ぼくの 身体に

空へ 放たれた

あなたの 時が

みちている

眼をやる 先の

光は 淡く

しずかな ひとときの

安住を ぼくに

見せる


michianri

comment

jam
こんにちは おひさしぶりでございます
でも いつも拝見しておりますです

師と仰ぐお人から「内にあるものに包まれる」というお言葉をいただいたことがあります
この詩を読ませていただいて 思い出しました

いとしい人が胸の内に在るときは
いとしい人への想いが満ち 身も心もいとしい人に包まれる
憎しみが内にあれば憎しみに包まれ囚われ 逃れられなくなることも・・・と いう お言葉でした

目に見えず触れられないものを信じ頼ることは難しいですが
それは確かにここ・・・胸の内にあり
目に見え触れられるものを信じ頼るあまりにココロ遠くなるむなしさもある

よくもわるくも「あなたで 満ちる」
でもやっぱりそれは しあわせなものであることを 願いたいですね 


2010.09.27 00:25
reyhiza
深いおことばをありがとうございます。
michianriのことばが、より深くなったように、感じられます。
彼は、そんなに深くは考えては、いないのでしょうけれども。
私もですけど、写真の印象から、自動筆記のように、綴っております。
心象風景的な写真て、楽しい!
2010.09.27 16:41

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://reyhiza.blog69.fc2.com/tb.php/159-c4e741d3

プロフィール

michianri

Author:michianri
『古薔薇~こそうび』のことや
薔薇展のこと
過去写真を
展開いたします
…ぼくが
オールドローズや空に
夢中に
なった
理由~わけ

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
                    人気ブログランキングへ                             ■ありがとうございます■

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック